【Step5:ご機嫌でHappyな1日にするために】「楽しかったね!」家族みんなのHappyな七五三を叶えるための5ステップ|七五三|七五三同行撮影|豊明市|

更新日:2021年10月20日



出張撮影で残す、幸せのフォトストーリー

✴︎ Maity Photography(マイティーフォトグラフィー)✴︎


メガネがトレードマーク🤓

着物大好きフォトグラファーのまいてぃです📷✨





2021年に七五三を迎えられるご家族さま、

おめでとうございます✨

このコロナ禍の下、どうしたらいいのかな・・・と

迷ったり、心配されている方が多いと思います。

実際、Maity Photographyでは、

例年より早い時期から、七五三撮影のお問い合わせを

いただき始めています。


今は、秋以外にも、お子様の成長度合いや、記念日、

ご希望の風景や撮影をする場所の見頃などに合わせてご予約をいただいたり、

密を避けるために春にご家族だけの七五三をお祝いされて、

お写真やアルバムをおじいちゃん・おばあちゃんへプレゼントされる・・・など、

カタチにとらわれない 【自由な七五三】 が増えているようですね。


不安なこと、聞いてみたいこと、などなど、

どうぞなんでもお問い合わせくださいね。




さて、数回にわたってお届けしてきた


「楽しかったね!」

家族みんなのHappyな七五三を叶えるための5ステップ


も、ひとまず最終回です☺︎


今年するか、来年するか迷ってる・・・という方も、

参考にしていただけたら嬉しいです。





 

Step1 : スタジオ撮影?出張撮影?ご家族にあったスタイルを選ぶ

Step2 : お参りに行く神社・お寺を決めよう

Step3 : 七五三をする時期はいつにしましょう

Step4 : 七五三の衣装と着付け

Step5 : ご機嫌でHappyな1日にするために

 



|| Step5 ご機嫌でHappyな1日にするために



Step1からStep4まで、

七五三当日を迎えるまでの準備について書いてきました。

これまで色々なことを考えて、選んで、決めて・・・

たくさん準備してきたので、

あとは当日、どれだけ楽しく過ごせるかが大切です✨


慣れない着物を着たお子様に、

少しでも快適に、楽しく過ごしてもらうためのポイントと、

ご家族らしい記念写真を残すためのポイント、

そして、神社におけるマナーについて書いていきますね。




<お草履いや!歩きたくない!!を防ぐために>



◉靴下タイプの足袋が絶対オススメ



お着物姿には必須の足袋ですが、

普段履きなれていないので、その時点でイヤイヤな子も。

途中で足袋を脱いで走り出す子。

草履をシンデレラのように落っことしたままの子。

思わずクスッとなる微笑ましい姿で、

私は可愛くて大好きなのですが、

やっぱり神様の前。

できることならきちんと履いていて欲しいと思うもの。


大人と同じ、こはぜ(金属の留め具)のついた足袋ですと、

履いた時に当たって痛かったりするようで、履くのも、歩くのも嫌がる子が多いです。

その点、スポッとはける靴下タイプの足袋なら、

比較的違和感なく履いてもらえるようですよ☺︎


お着物を借りる際に、どのような足袋がついているか確認してみるといいと思います。

また、新しく購入される方は、

こはぜのないものを選んでご用意されるのがオススメですよ。




◉サンダルやクロックス持参が正解!


足袋までは無事にクリアして安心したのも束の間。

お草履が履きたくない子、

一度は履いてくれたけど、

途中で痛くてぐずりだしてしまうこともあります。


お子さんが「抱っこ!」になってしまう前に、

履きなれた靴や、お気に入りの靴、サンダルに履き替えてあげましょう。

クロックスのようなタイプなら、

足袋のままでも履けますし、脱ぐのも簡単なのでオススメです。

お写真の時だけお草履を履いてくれたら十分偉いです☺︎


駐車場からたくさん歩かないといけない神社さんなどでは、

特に、初めからクロックスで移動するのも安心ですね。





◉赤のエナメル靴やブーツでコーディネートするのもオシャレ


途中で履き替え替えてもらうことをおすすめとして書きましたが、

そもそも、靴の脱ぎ履き自体が嫌いな子もいますし、

パパ・ママも荷物が増えてしまって大変・・・という声もありますよね。


7歳さんともなれば、お草履も上手に履いてくれる子が多いのでいいのですが、

3歳さんや5歳さんにオススメなのは、

思い切って、

・女の子は赤のエナメル靴

・男の子は黒のブーツ


を履いたコーディネートにしてしまうこと!


イマドキの着物にはもちろんですが、

アンティークやレトロなお着物との相性は抜群ですよ✨






<お菓子は最強のパートナー>




慣れないお着物や履き物で、

慣れない場所で慣れないことをしているお子様たちは、

だんだんパワーがなくなってしまうもの。


お着物を着ていると、汚しちゃいけないから!

・・・と、七五三の行事が全部終わるまで、

お菓子もジュースもダメ!となってしまいがちですが、

パワーがなくなってしまっては、

いいお写真にもならなければ、楽しい1日にもできないですよね。


一生懸命頑張っているお子様のパワーアップには、

さっと食べられるお菓子を、ちょこっとずつあげることが効果抜群!!



私がオススメしたいのは、



グミやラムネなど、一口で食べられて、小分けになっているもの。

(大きな袋だと、なくなるまでずーっと食べちゃいますからね😅)

おててやお口もあまり汚れないですし、

お口の中でなくなるのも早いので、

撮影の合間に食べるのにもピッタリです☺︎


飲み物に関しては、

ペットボトルやコップですと、

うっかりお着物にこぼしてしまったり・・・と、どうしても心配なので、

ストロータイプの水筒などを用意していただくといいですね!



ご注意いただきたいのは、

御祈祷をするともらえることの多い「千歳飴」です。

もらってすぐその場であけてしまうと、

大きくて長い千歳飴に夢中で、

おててもお口も、あわよくば着物もベタベタに・・・

そして、なくなるまでずーっとお口から離れなくなってしまいます😅

ですので、

「おうちに帰ってからのお楽しみにしようね♪」

のようにお話ししていただけると助かります。





<素敵な記念写真を残すために>





◉集合写真、何があっても大人はカメラ目線で!


せっかくの七五三の集合写真、全員がしっかりカメラを見た集合写真

欲しいですよね。

お子様たちは気まぐれなので、

ニコッとしてくれたと思ったら、その次の瞬間には変顔になっていたり、

わざとお顔を隠してしまったり。

また、一度ご機嫌斜めになってしまうと、なかなか回復できないこともよくありますよね。


特にそんな時には、

パパやママが頑張ってあやして、カメラの方を向かせようとしてくれます。

Maity Photographyでは基本的にまいてぃ1人で撮影にお伺いしているので

(お荷物の管理や簡単なお声かけのために、男の子が1人同行することもありますが)

パパやママは、いつもたくさんご協力いただき、ありがとうございます。


ただ・・・

せっかくお子さんがカメラを見てくれたタイミングで、

大人は子供さんに夢中で、必死にあやしている・・・という事がよくあります💦


そんな時はぜひ、主に口であやしていただいて、

顔はカメラを逃さず見ていて欲しいなと思います📷


特に「その場にいないといけない」集合写真は、

お子様にとっては自由のない時間になりがちですから、

あまり長い時間をかけてしまうと、

どんどんご機嫌斜めが加速してしまうことがあるので、

集合写真の人数が多ければ多いほど、

短時間におさめてあげられる方が、お子さんの負担も少なく、

その後の撮影も楽しくHappyに進められるんじゃないかなと思います☺︎









◉ちょっとしたハプニングも楽しむ気持ちで


七五三当日は、

ヘアメイクや着付け、写真撮影に御祈祷、そして会食の時間・・・

スケジュールがたくさん決まっているのに、

お子さんのペースに合わせるとどんどん時間がずれていってしまって・・・

焦ってしまいますよね。


「ちゃんとやって!」「早くして!!」

といってもなかなかそうもいかなくて、

パパとママがイライラ・・・つい怒ってしまう

・・・という事がよくあります。


そんな時は、ゆっくり深呼吸してくださいね。


元気にこの日を